リンク切れ

現在、以下のリンク切れがあります:2016年1-3月のプレスリリース・報道関係各位一斉メール・日報、2014年3月以前の動画、滞留水のPDF資料、2012年のプレスリリースの一部。2012年のプラントパラメータ関連の一部。詳細はこちら。

2019年3月31日(日)

今日のお仕事


福島第一原子力発電所の状況について(日報)

プラント関連パラメータ(PDF) 午前11時時点

2号機燃料デブリ冷却状況の確認(2018年11月8日参照)のため、25日より原子炉注水量を変更している(2019年3月20、22日参照)
今日11:00の注水量は以下の通り:
・1号機 給水系 2.4m3/h、炉心スプレー系 1.7m3/h
・2号機 給水系 0.0m3/h、炉心スプレー系 3.1m3/h
・3号機 給水系 2.0m3/h、炉心スプレー系 2.4m3/h


その他


サブドレン他水処理施設、一時貯水タンクJ(27日採取)と集水タンクNo.4(24日採取)の分析結果
サブドレン・地下水ドレン浄化水分析結果(PDF)
一時貯水タンクの分析結果は東電、第三者機関のいずれも運用目標を超えず。トリチウム濃度は東電が800Bq/L、第三者機関が850Bq/L。明日4月1日に排水の予定。




2019年3月30日(土)

今日のお仕事


福島第一原子力発電所の状況について(日報)

プラント関連パラメータ(PDF) 午前11時時点

2号機燃料デブリ冷却状況の確認(2018年11月8日参照)のため、25日より原子炉注水量を変更している(2019年3月20、22日参照)
今日11:00の注水量は以下の通り:
・1号機 給水系 2.4m3/h、炉心スプレー系 1.7m3/h
・2号機 給水系 0.0m3/h、炉心スプレー系 3.1m3/h
・3号機 給水系 2.0m3/h、炉心スプレー系 2.5m3/h


その他


地下水バイパス揚水井(奇数番+No.10)のサンプリング結果。28日採取分。
福島第一 地下水バイパス揚水井 分析結果(PDF)
No.10のトリチウムは1600Bq/L。
福島第一 地下水バイパス揚水井 No.10 分析結果(PDF)(4月3日公開)



2019年3月29日(金)

今日のお仕事


福島第一原子力発電所の状況について(日報)

プラント関連パラメータ(PDF) 午前11時時点

2号機燃料デブリ冷却状況の確認(2018年11月8日参照)のため、11:11に原子炉注水量を変更(2019年3月20、22日参照)
・2号機 給水系 1.3m3/h→0.0m3/h
・2号機 炉心スプレー系 1.5m3/h→3.0m3/h

サブドレン他水処理施設、10:06に一時貯水タンクHから排水を開始
(以下、30日の日報より)16:52に排水を停止。排水量は1010m3

その他


地下水バイパス一時貯留タンクの貯留水の評価結果
地下水バイパス揚水井の汲み上げにおける一時貯留タンクに対する評価結果について(77.9KB)(PDF)
2015年11月12-16日と2019年2月4日-3月21日採取分のデータで評価を実施。結果は、運用目標を超えず。
地下水バイパス揚水井の汲み上げにおける一時貯留タンクに対する評価結果について(その2) (78.0KB)(PDF)
25日のデータを追加して評価を実施。結果は、運用目標を超えず。
揚水井No.10でトリチウム濃度が運用目標をこえているため実施中。




2019年3月28日(木)

今日のお仕事


福島第一原子力発電所の状況について(日報)

プラント関連パラメータ(PDF) 午前11時時点

1号機使用済燃料プール代替循環冷却装置、電源切替盤の新設作業にともない24日より運転を停止中。停止期間は28日20:00までの予定。冷却停止時のプール水温は19.1℃。22日参照。
(以下、29日の日報より)作業が終了したので、16:38より運転を再開。再開後のプール水温は20.8℃。

多核種除去設備ALPS(A)吸着塔11A閉止プラグから漏えいが発生。
福島第一原子力発電所 既設多核種除去設備(A)吸着塔11A閉止プラグからの漏えいについて(182KB)(PDF)
11:09頃、多核種除去設備ALPS(A)において漏えい警報が発生。その後、11:22に吸着塔11A閉止プラグ(資料下図と写真。吸着塔の中の吸着剤をHICへ排出するためのラインにつながっているもの)付近で作業中の作業者が漏えいを発見。漏えいした水(約2m×3m×深さ2-3mm)は堰内にとどまっていたが、1秒に1滴程度で滴下が継続しており、直ちに袋で養生を実施。14:00、当該の排出ラインに閉止蓋を取り付け、漏えいの停止を確認。また、14:29に漏えい水の回収・拭き取りを完了。漏えいの原因については、今後、調査をおこなう。
漏えい水(今日28日採取)の分析結果は以下の通り:
134Cs 検出限界値未満(検出限界値6.4Bq/L)
137Cs 検出限界値未満(検出限界値7.9Bq/L)
・全β 1.6×102Bq/L
福島第一原子力発電所 既設多核種除去設備吸着塔(A)からの漏えい警報発生について(報道関係各位一斉メール)
福島第一原子力発電所 既設多核種除去設備吸着塔(A)からの漏えい警報発生について(続報)(報道関係各位一斉メール)

地下水バイパス、10:04に一時貯留タンクGr3から排水を開始
(以下、29日の日報より)15:30に排水を停止。排水量は1480m3

構内給油所にある軽油等を入れるタンクの油を一時回収する設備で、軽油の移送中に計量器から軽油が滴下しているのを10:05に発見。漏れた油は、30cm×30cm×深さ1mmと20cm×20cm×深さ1mmの2カ所。滴下は停止しており、吸着マットでふき取り済。原因等を調査していく。
各種危険物油詰め替え設備(2017年9月14日参照)のこと?


その他


水処理設備内の処理水分析結果。採取箇所は2011年11月18日の資料を参照。
水処理設備の放射能濃度測定結果(PDF)

魚介類のサンプリング結果
魚介類の核種分析結果<福島第一原子力発電所港湾内>(PDF)
魚介類の核種分析結果<福島第一原子力発電所20km圏内海域>(同所港湾内を除く)(PDF)
魚介類の核種分析結果<福島第一原子力発電所20km圏内海域>2018年度 第2四半期採取分(PDF)
2018年10-12月採取分の90Sr(2014年6月13日参照)とトリチウム(2015年2月25日参照)の分析結果。

サブドレン他水処理施設、一時貯水タンクH(24日採取)と集水タンクNo.3(22日採取)の分析結果
サブドレン・地下水ドレン浄化水分析結果(PDF)
一時貯水タンクの分析結果は東電、第三者機関のいずれも運用目標を超えず。トリチウム濃度は東電が780Bq/L、第三者機関が860Bq/L。明日29日に排水の予定。

今日、廃炉・汚染水対策チーム会合 第64回事務局会議があり中長期ロードマップの進捗について報告した。その際の資料。
【資料1】プラントの状況(4.85MB)(PDF)
【資料2】中長期ロードマップの進捗状況(概要版)(6.73MB)(PDF)
【資料3-1】汚染水対策(21.6MB)(PDF)
フランジ型タンクに貯留しているALPS処理水の移送完了(通しで3頁)27日参照。G4北エリアおよびG5エリアのフランジ型タンクからBエリアの溶接型タンクへの移送が完了し、ALPS処理水の全量を溶接型タンクで貯留する形になった。
サイトバンカ建屋における流入箇所の調査状況(7頁)
建屋たまり水中の放射能濃度測定結果と放射性物質量の低減状況(22頁)。1-4号機建屋たまり水の移送先であるプロセス主建屋の地下に貯留する水の放射能濃度が2016年度末頃から上昇傾向にあったが、調査の結果、この原因として3号機R/Bたまり水の放射能濃度上昇があった(現在も傾向監視中、至近では低下傾向(18日参照)。たまり水処理の進展によりたまり水水位が低下したことで、底の方に滞留していた高濃度のものが流れ込むようになってきたと推定)。また、新たに2号機R/Bトーラス室深部でも高い濃度を確認(18日参照)中長期ロードマップの目標「2018年度内に建屋内滞留⽔中の放射性物質の量を2014年度末の1/10程度まで減少」については、2014年度末の推定放射能量6.5×1015Bqに対して2018年度末は1.5×1015Bqであり減少率は1/5程度で未達。ただし、放射能量推定値はたまり水濃度が均一としてT/Bでの測定値から推定しており、2016年度以降に明らかになった濃度の不均一に起因する濃度上昇を反映できていない。濃度不均一の状況を明らかにするのに必要な濃度測定は高線量のため数が限られ、実態を反映した評価は困難である。なお、137Cs処理量については、2019年2月時点で計画値1.4×1016Bqに対して実績は3.6×1016Bqである。今後、R/Bのたまり水処理を進めるにあたり、1-3号機トーラス室のたまり水で全α測定を実施した結果、2、3号機で比較的高い濃度を検出(26頁。18日参照)。R/Bたまり水移送装置の移送ポンプ出口には渦流式ストレーナを設置しており、遠心分離したスラッジ(α核種を含む)等をドレンと共に建屋に戻している(30頁)。ストレーナ出口水は他建屋のたまり水と共にプロセス主建屋・高温焼却炉建屋へ移送し、汚染水処理設備で処理をする。プロセス主建屋・高温焼却炉建屋のたまり水の⾄近(2018年9月11日・2019年1月18日)の全α分析結果は検出限界値未満だった。
【資料3-2】使用済燃料プール対策(15.2MB)(PDF)
1号機R/B機器ハッチ養生の完了および使用済燃料プール周辺小ガレキ撤去の開始(通しで4頁)
2号機周辺海洋汚染防止対策の進捗(9頁)。T/B下屋の既設配管等の撤去。
3号機燃料取出しに向けた進捗状況(15頁)。テンシルトラスホイスト1ケーブルコネクター絶縁不良箇所調査のその後(18、20日参照)。現在、絶縁不良の原因となったスス(黒い粒子)の発生原因として、コネクター内のグロメットとインサートとの間に内在していた汚損(ちり・ホコリのようなコネクター部の組立て時には発見できなかったもの)等が課電により⾼温となり、炭化に⾄ったものと推定している(25頁)。これを実証するための検証試験(コネクター部にちりをつけた状態で高電圧をかけて、高温が発生するかどうかを見る)を実施中。また、同様の動力ケーブル34本について、高電圧をかけて健全性をチェックし、問題があるものについては交換等の対策をおこなう。燃料取出し作業については、4月中の開始を目標としている(スケジュールは27頁)。
1/2号機排気筒解体計画の進捗(30頁)。解体装置の実証試験を実施中。2月12日よりStep3(手順の確認)に入っており、4月上旬に完了予定。4月上旬より事前調査を実施する(32頁)。2月に組立てが完了しているクレーンで調査機材(半導体検出器、線量計、カメラ搭載)を吊り下ろし、筒身内部および外部の線量率とγ線スペクトルの測定をおこない、筒身内部の汚染状況を把握する。また、2016年10月のドローン調査で確認された支障物(2016年10月27日参照)以外に筒身内に支障物がないかをカメラで調査する。合わせて、筒身外部から筒身および鉄塔をカメラで調査。スケジュールは33頁。4月上旬よりサイト内に解体装置を移送して組立て、5月中旬(連休明け)より解体工事に着手予定。
3/4号機排気筒落下物対応(45頁)。立入り規制エリア内の通行・作業のために、屋根付きの安全通路を4カ所の排気筒を対象に設置した(25日完了。47頁に写真あり)。
ドローン調査(8、15日実施)による原因分析(48頁):落下した足場材がついていたと推定される箇所(地上約76m付近)のリブプレート(水平材の上に足場材を支持する部材)の頂部に腐食を確認(48頁下写真)。当該箇所は、昭和47年建設当時に設置した足場材(旧足場材)の上面に、新たな足場材をかぶせる改造工事を昭和63年におこなっている(リブプレートと旧足場材、旧足場材と新足場材がそれぞれ溶接されている構造)。新足場材が旧足場材を覆う(48頁左図、53頁)ことで、旧足場材が軒下腐食(軒下のように雨による洗い流しのない環境で海塩等の付着物の濃度が上がって腐食が進行する)により減肉・部分消失し、新足場材が強風時に落下したものと推定。落下した足場材があったと推定される場所(48頁中央写真の紫点線)の左隣(緑点線)も足場材がなくなっているが、この部分は発見されていない。さらに左隣(水色点線)の部分は足場材の右側が浮き上がっており、下から見ると旧足場材の左側は2枚のリブプレートで接合されているが右側は旧足場材が腐食・変形しているのがわかる。この他に、臨時点検で劣化が疑われた箇所についても、ドローン調査でも旧足場材の腐食・減肉・部分消失を確認(50頁に写真。特に排気筒中段より上部の約76、86、94mで腐⾷の進⾏が⾒られる。これは、排気筒海側の3号機T/B(⾼さ約26m)よりも⾼い位置にあることも影響していると考えられる)。なお、新足場材のない箇所では腐食は見られない。直ちに落下しそうな⾜場材は確認されなかったが、落下リスク低減対策の検討を進めていく。
使用済燃料等の保管状況(60頁)
1号機飛散防止剤散布実績と予定(62頁)
3号機オペフロ連続ダストモニター計測値(65頁)
【資料3-3】燃料デブリ取り出し準備(8.64MB)(PDF)
【資料3-4】放射性廃棄物処理・処分(714KB)(PDF)
【資料3-5】循環注水冷却(3.93MB)(PDF)
【資料3-6】環境線量低減対策(7.21MB)(PDF)
【資料3-7】労働環境改善(460KB)(PDF)
【資料3-8】5・6号機の現状(590KB)(PDF)

東京電力ホールディングス株式会社報道関係者向け福島第一原子力発電所の桜のご取材について(お知らせ)
4月4、8日の二日間を予定とのこと。去年の報道(2018年4月4日参照)はひどいものがあったけれど、今年はどうなのかしらね?


ニコ生
【2019年3月28日】東京電力「中長期ロードマップの進捗状況」に関する記者会見

文字起こし、実況など
さかなのかげふみ(@Spia23Tc)/2019年3月28日 - Twilog
3/28のツイートまとめ - モブトエキストラ(左利きの空想記)


2019年3月27日(水)

今日のお仕事


福島第一原子力発電所の状況について(日報)

プラント関連パラメータ(PDF) 午前11時時点

1号機使用済燃料プール代替循環冷却装置、電源切替盤の新設作業にともない24日より運転を停止中。停止期間は28日20:00までの予定。冷却停止時のプール水温は19.1℃。22日参照。

(以下、28日の日報より)2号機燃料デブリ冷却状況の確認(2018年11月8日参照)のため、17:34に原子炉注水量を変更(2019年3月20、22日参照)
・1号機 炉心スプレー系 1.3m3/h→1.7m3/h
・3号機 給水系 1.5m3/h→2.0m3/h

5号機使用済燃料プール冷却浄化系、スキマーサージタンクのレベルスイッチへ物的防護柵を取付ける作業にともない、09:51-11:53に運転を停止。冷却停止時のプール水温は18.3℃、再開後は18.4℃。26日参照。

フランジ型タンクに貯留しているALPS処理水を溶接型タンクへ移送する作業が完了した。
福島第一原子力発電所 フランジ型タンクに貯留している多核種除去設備等処理水の移送完了について (787KB)(PDF)
フランジ型タンクに貯留しているALPS処理水は、より信頼性の高い溶接型タンクへの移送を進めていたが、今日27日にこの作業が完了した(タンク底部の残水約1,500m3を除く)。これをもって、中長期ロードマップのマイルストーン「2018年度内に浄化設備等により浄化処理した水の貯水を全て溶接型タンクで実施」を達成(フランジ型タンク内のSr処理水の浄化処理はすでに2018年11月17日に完了)。
なお、フランジ型タンク(底板及び第1段までの側板の補修は実施済み)に貯留している淡水は2019年5月頃を目途に溶接型タンクへ移送予定。

サブドレン他水処理施設、10:02-11:01に一時貯水タンクGから排水を実施。排水量は144m3


その他


月末なので、作業者の被曝線量評価を厚労省へ提出。
福島第一原子力発電所作業者の被ばく線量の評価状況(PDF)
月の最大被曝線量は10.87mSv、平均値は0.39mSv(APD値)。

地下水バイパス揚水井(偶数番)のサンプリング結果。25日採取分。
福島第一 地下水バイパス揚水井 分析結果(PDF)
No.10のトリチウムは1500Bq/L。

地下水バイパス揚水井No.10のサンプリング結果。21日採取(23日既報)の第三者機関の分析結果。
福島第一 地下水バイパス揚水井 No.10 分析結果(PDF)

地下水バイパス一時貯留タンクGr3のサンプリング結果
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果(PDF)
21日採取分。東電、第三者機関のいずれの結果も運用目標をこえず。明日28日に排水の予定。

実施計画の変更認可申請を規制委に提出。
変更:特定核燃料物質の防護に係る変更


2019年3月26日(火)

今日のお仕事


福島第一原子力発電所の状況について(日報)

プラント関連パラメータ(PDF) 午前11時時点

2号機燃料デブリ冷却状況の確認(2018年11月8日参照)のため、12:48に原子炉注水量を変更(2019年3月20、22日参照)
・1号機 給水系 2.0m3/h→2.5m3/h
・3号機 炉心スプレー系 2.0m3/h→2.5m3/h

1号機使用済燃料プール代替循環冷却装置、電源切替盤の新設作業にともない24日より運転を停止中。停止期間は28日20:00までの予定。冷却停止時のプール水温は19.1℃。22日参照。

サブドレン他水処理施設、10:00に一時貯水タンクFから排水を開始
(以下、27日の日報より)15:28に排水を停止。排水量は814m3


その他


5号機使用済燃料プール冷却浄化系、スキマーサージタンクのレベルスイッチへ物的防護柵を取付ける作業にともない、27日09:00-14:00に運転を停止する予定。今日26日13:00現在のプール水温は18.6℃。冷却停止中のプール水温上昇は約1.0℃と評価(温度上昇率:約0.190度/h)。

2月のR/Bからの追加的放出放射能量の評価結果
原子炉建屋からの追加的放出量の評価結果(PDF)
1-4号機R/Bからの放出は1.3×105Bq/h未満で、放出管理の目標値(1.0×107Bq/h)を下回っていることを確認。また、これによる敷地境界の空気中放射能濃度は134Csが5.0×10-12Bq/cm3137Csが3.5×10-11Bq/cm3であり、これが1年間継続した場合の敷地境界における被曝線量は0.00047mSv未満となる。評価の詳細は3頁以降。
1、2、4号機は前月1月とほぼ同程度。3号機(6頁)は機器ハッチでのダストサンプリング測定値が上昇したために放出量評価値が上昇した。
評価方法は2015年4月30日を参照。

水処理週報
福島第一原子力発電所における高濃度の放射性物質を含むたまり水の 貯蔵及び処理の状況について(第 396 報)(PDF)

サブドレン他水処理施設、一時貯水タンクG(22日採取)と集水タンクNo.2(20日採取)の分析結果
サブドレン・地下水ドレン浄化水分析結果(PDF)
一時貯水タンクの分析結果は東電、第三者機関のいずれも運用目標を超えず。トリチウム濃度は東電が790Bq/L、第三者機関が870Bq/L。全β濃度は東電がND(<2.4Bq/L)、第三者機関が0.42Bq/L。明日27日に排水の予定。

T/Bへの地下水ドレン等の移送量の推移。14-20日の移送量。
建屋への地下水ドレン移送量・地下水流入量等の推移(PDF)




2019年3月25日(月)

今日のお仕事


福島第一原子力発電所の状況について(日報)

プラント関連パラメータ(PDF) 午前11時時点

2号機燃料デブリ冷却状況の確認(2018年11月8日参照)のため、11:41に原子炉注水量を変更(2019年3月20、22日参照)
・1号機 給水系 1.5m3/h→2.0m3/h
・3号機 炉心スプレー系 1.5m3/h→2.0m3/h
当該の確認作業は当初、もっと早い時期(2018年11月8日の資料によれば1月)を予定していたが、炉注水の水源として2号機CSTを追加する作業(1月8日に実施)において不具合があった影響で予定より遅れた。

1号機使用済燃料プール代替循環冷却装置、電源切替盤の新設作業にともない昨日24日に運転を停止。停止期間は28日20:00までの予定。冷却停止時のプール水温は19.1℃。22日参照。

サブドレン他水処理施設、09:55に一時貯水タンクEから排水を開始
(以下、26日の日報より)16:02に排水を停止。排水量は913m3


その他


サブドレン他水処理施設、一時貯水タンクF(21日採取)と集水タンクNo.1(18日採取)の分析結果
サブドレン・地下水ドレン浄化水分析結果(PDF)
一時貯水タンクの分析結果は東電、第三者機関のいずれも運用目標を超えず。トリチウム濃度は東電が790Bq/L、第三者機関が880Bq/L。全β濃度は東電がND(<2.5Bq/L)、第三者機関が0.54Bq/L。明日26日に排水の予定。

毎週月曜日に出している水処理週報T/Bへの地下水ドレン等の移送量の推移の資料は、明日公開の予定。先週木曜日が祝日だったから?


ニコ生
【2019年3月25日】東京電力 記者会見

文字起こし、実況など
さかなのかげふみ(@Spia23Tc)/2019年3月25日 - Twilog
3/25のツイートまとめ - モブトエキストラ(左利きの空想記)




2019年3月24日(日)

今日のお仕事


福島第一原子力発電所の状況について(日報)

プラント関連パラメータ(PDF) 午前11時時点

(以下、25日の日報より)1号機使用済燃料プール代替循環冷却装置、電源切替盤の新設作業にともない17:18に運転を停止。停止期間は28日20:00までの予定。冷却停止時のプール水温は19.1℃。22日参照。


その他


サブドレン他水処理施設、一時貯水タンクE(20日採取)と集水タンクNo.7(16日採取)の分析結果
サブドレン・地下水ドレン浄化水分析結果(PDF)
一時貯水タンクの分析結果は東電、第三者機関のいずれも運用目標を超えず。トリチウム濃度は東電が780Bq/L、第三者機関が850Bq/L。全β濃度は東電がND(<2.6Bq/L)、第三者機関が0.52Bq/L。明日25日に排水の予定。




2019年3月23日(土)

今日のお仕事


福島第一原子力発電所の状況について(日報)

プラント関連パラメータ(PDF) 午前11時時点

地下水バイパス、09:36-15:53に一時貯留タンクGr2から排水を実施。排水量は1755m3


その他


地下水バイパス揚水井(奇数番+No.10)のサンプリング結果。21日採取分。
福島第一 地下水バイパス揚水井 分析結果(PDF)
No.10のトリチウムは1500Bq/L。



2019年3月22日(金)

今日のお仕事


福島第一原子力発電所の状況について(日報)

プラント関連パラメータ(PDF) 午前11時時点

3号機格納容器ガス管理システム、放熱器の保全計画に基づく交換のため、10:02に計画的に運転上の制限外に移行してシステム停止をともなう作業を開始。
(以下、25日の日報より)その後、作業が終了し、16:25に当該システムを起動。システムの動作確認において異常がないこと、および、短半減期核種モニターの指示値に有意な変動がないことから、17:10に運転上の制限内に復帰。なお、当該システムの停止期間における関連監視パラメータについては、異常なし。4日参照。


その他


2号機燃料デブリの冷却状況の確認(2018年11月8日参照)をおこなうため、25日より原子炉注水量の変更をおこなう(2019年3月20日参照)。元の注水量に戻るのは4月16日の予定。炉注水量変更の作業予定は以下の通り(注水量の単位はm3/h):
25日
・1号機 給水系 1.5→2.0、炉心スプレー系 1.5のまま
・3号機 給水系 1.5のまま、炉心スプレー系 1.5→2.0
26日
・1号機 給水系 2.0→2.5、炉心スプレー系 1.5のまま
・3号機 給水系 1.5のまま、炉心スプレー系 2.0→2.5
27日
・1号機 給水系 2.5のまま、炉心スプレー系 1.5→2.0
・3号機 給水系 1.5→2.0、炉心スプレー系 2.5のまま
29日
・2号機 給水系 1.5→0、炉心スプレー系 1.5→3.0
4月2日(原子炉注水量低減試験開始)
・2号機 給水系 0のまま、炉心スプレー系 3.0→1.5
9日(原子炉注水量増加試験開始)
・2号機 給水系 0のまま、炉心スプレー系 1.5→3.0
12日
・1号機 給水系 2.5のまま、炉心スプレー系 2.0→1.5
・3号機 給水系 2.0→1.5、炉心スプレー系 2.5のまま
15日
・1号機 給水系 2.5→2.0、炉心スプレー系 1.5のまま
・3号機 給水系 1.5のまま、炉心スプレー系 2.5→2.0
16日
・1号機 給水系 2.0→1.5、炉心スプレー系 1.5のまま
・2号機 給水系 0→1.5、炉心スプレー系 3.0→1.5
・3号機 給水系 1.5のまま、炉心スプレー系 2.0→1.5
なお、9日に実施する変更では、運転上の制限(任意の24時間あたりの注水量増加幅1.0m3/h以下)の外に計画的に移行する。
2号機の注水量低減試験のために1・3号機の注水量を増やす理由については20日を参照。

1号機使用済燃料プール代替循環冷却装置、電源切替盤の新設作業にともない24日16:00-28日20:00の期間、運転を停止する。22日05:00現在のプール水温は20.3℃であり、停止期間終了時点で約21.4℃と評価。

地下水バイパス一時貯留タンクの貯留水の評価結果
地下水バイパス揚水井の汲み上げにおける一時貯留タンクに対する評価結果について (77.3KB)(PDF)
2015年11月12-16日と2019年2月7日-3月14日採取分のデータで評価を実施。結果は、運用目標を超えず。
地下水バイパス揚水井の汲み上げにおける一時貯留タンクに対する評価結果について(その2) (77.3KB)(PDF)
18日のデータを追加して評価を実施。結果は、運用目標を超えず。
揚水井No.10でトリチウム濃度が運用目標をこえているため実施中。

地下水バイパス一時貯留タンクGr2のサンプリング結果
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果(PDF)
15日採取分。東電、第三者機関のいずれの結果も運用目標をこえず。明日23日に排水の予定。

地下水バイパス一時貯留タンク詳細分析結果。Gr2の2月5日採取分。
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク詳細分析結果(PDF)

地下水バイパス加重平均サンプル分析結果。1月分。
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 加重平均サンプル分析結果(PDF)




2019年3月21日(木・春分の日)

今日のお仕事


福島第一原子力発電所の状況について(日報)

プラント関連パラメータ(PDF) 午前11時時点

サブドレン他水処理施設、10:10に一時貯水タンクDから排水を開始
(以下、22日の日報より)16:21に排水を停止。排水量は924m3




2019年3月20日(水)

今日のお仕事


福島第一原子力発電所の状況について(日報)

プラント関連パラメータ(PDF) 午前11時時点

6号機使用済燃料プール、使用済燃料プール冷却浄化系(FPC系)を冷却している補助海水系の機器点検作業にともない、8日にプールの冷却をFPC系から残留熱除去系(RHR系)に切替えたが、作業が終了したので今日10:20-10:50に再びプールの冷却をRHR系からFPC系に切替えを実施、この間プールの冷却が停止した。冷却停止時のプール水温は17.5℃、冷却再開後は16.9℃。7、8日参照。


その他


3号機燃料取扱機、2月28日のテンシルトラス不具合の件。3月7日参照。これまでの調査結果等については18日参照。テンシルトラスホイスト1モーター駆動装置の試運転を実施。その結果、過電圧は生じていないことを確認した。したがって、絶縁抵抗不良の原因となった黒い粒子(スス)の発生原因となった高温は、推定される原因の2(コネクター内に異物が存在し電流発熱により炭化)が原因の可能性が高くなったとして、今後の調査を進める。操作訓練は継続中。
3号機燃料取扱設備の遠隔操作訓練(ガレキ撤去)の動画を公開。
(01:03) 福島第一原子力発電所3号機燃料取扱設備の遠隔操作訓練の様子(ガレキ撤去訓練)(動画)
訓練内容は「マニピュレーターでガレキを把持し、所定の場所へ移動させる」というもの。新燃料を収めている燃料ラックの周辺で実施している。動画は遠隔操作室のモニター画面を撮影したもの。

2号機燃料デブリの冷却状況の確認を4月上旬よりおこなう。2018年11月8日参照。
福島第一原子力発電所 2号機 燃料デブリ冷却状況の確認の実施について (358KB)
炉注水停止時の温度変化を予測するモデルの精度向上のために、炉注水の低減・停止をおこない冷却状況を確認する。準備が整ったので4月上旬より開始する。作業は、STEP1(注水量を半減(現行3m3/h→1.5m3/h)して約7日間観察)、STEP2(注水を停止して約7時間見る。その後、1.5m3/hに戻し、さらに24時間毎に0.5m3/hずつ増やして3m3/hまで持っていき、約7日間観察)の2段階で実施する(スケジュールは3頁。4月にSTEP1実施と評価、5月にSTEP2実施と評価)。
炉注水量の低減・停止の操作手順(2頁):炉注ポンプの定格流量は約20m3/hであり、流量調節弁で注水分の3m3/hに調整し、余剰分は戻りラインで水源の3号機CST(復水貯蔵タンク)に戻している。戻りラインは設備的に流量を現状以上に増やすことができないので、2号機の注水量をしぼる(=戻り流量を増やす)前に、1・3号機の注水量を増やして戻り流量に余裕を作ることにする。操作手順としては、1・3号機の注水量を3.0m3/h→4.5m3/h(準備操作)、2号機の注水量を3.0m3/h→1.5m3/h-0m3/h(低減・停止操作)、2号機注水量を1.5m3/h→3.0m3/hまたは0m3/h→3.0m3/h(戻し操作)、となる。
戻りライン(以前は「ミニマムフローライン」などと呼んでいた)については2011年8月30日を参照。

地下水バイパス揚水井(偶数番)のサンプリング結果。18日採取分。
福島第一 地下水バイパス揚水井 分析結果(PDF)
No.10のトリチウムは1700Bq/L。

サブドレン他水処理施設、一時貯水タンクD(16日採取)と集水タンクNo.6(14日採取)の分析結果
サブドレン・地下水ドレン浄化水分析結果(PDF)
一時貯水タンクの分析結果は東電、第三者機関のいずれも運用目標を超えず。トリチウム濃度は東電が750Bq/L、第三者機関が790Bq/L。全β濃度は東電がND(<0.71Bq/L)、第三者機関が0.51Bq/L。明日21日に排水の予定。

サブドレン他水処理施設一時貯水タンクの詳細分析結果。一時貯水タンクCの2月1日採取分。
サブドレン・地下水ドレン浄化水の詳細分析結果(PDF)

サブドレン他水処理施設、加重平均サンプル分析結果。1月分。
福島第一原子力発電所 サブドレン・地下水ドレン浄化水加重平均サンプル分析結果(PDF)



ニコ生
【2019年3月20日】東京電力 記者会見

文字起こし、実況など
さかなのかげふみ(@Spia23Tc)/2019年3月20日 - Twilog
3/20のツイートまとめ - モブトエキストラ(左利きの空想記)



2019年3月19日(火)

今日のお仕事


福島第一原子力発電所の状況について(日報)

プラント関連パラメータ(PDF) 午前11時時点

サブドレン他水処理施設、10:28-14:16に一時貯水タンクCから排水を実施。排水量は561m3

メガフロート津波等リスク低減対策工事にともない起重機船が港湾外に出港する際、1-4号機取水路開渠前に設置したシルトフェンスを09:00-09:52に解放した。


その他


地下水バイパス15日排水時の海水サンプリング結果
福島第一原子力発電所 地下水バイパス排水に関するサンプリング結果 (南放水口付近)(PDF)

サブドレン他水処理施設、15日排水時の海水サンプリング結果
福島第一 サブドレン・地下水ドレン浄化水排水に関するサンプリング結果(PDF)

地下水バイパス揚水井No.10のサンプリング結果。14日採取(16日既報)の第三者機関の分析結果。
福島第一 地下水バイパス揚水井 No.10 分析結果(PDF)

今日、廃炉・汚染水対策現地調整会議(第48回)があった。その際の資料。
【資料1-1】汚染水対策に関わる対応状況について(17.1MB)(PDF)
【資料1-2】使用済燃料プールからの燃料取り出しに関わる対応状況について(6.54MB)(PDF)
【資料1-3】燃料デブリ取り出しに関わる対応状況について(4.70MB)(PDF)
【資料2】
福島第一原子力発電所の敷地境界外に影響を与えるリスク総点検に関わる対応状況(3.10MB)(PDF)
現地調整会議管理表(144KB)(PDF)
2018年度の主な進捗状況(1.35MB)(PDF)
【参考資料】地中温度分布図(962KB)(PDF)
【資料3】東京電力福島第一原子力発電所の中期的リスクの低減目標マップ(2019年3月版)について(4.78MB)(PDF)




2019年3月18日(月)

今日のお仕事


福島第一原子力発電所の状況について(日報)

プラント関連パラメータ(PDF) 午前11時時点

3号機格納容器ガス管理システム、放熱器の保全計画に基づく交換のため、10:05に計画的に運転上の制限外に移行してシステム停止をともなう作業を開始。
(以下、19日の日報より)その後、作業が終了し、15:50に当該システムを起動。システムの動作確認において異常がないこと、および、短半減期核種モニターの指示値に有意な変動がないことから、17:08に運転上の制限内に復帰。なお、当該システムの停止期間における関連監視パラメータについては、異常なし。4日参照。

サブドレン他水処理施設、10:05-14:57に一時貯水タンクBから排水を実施。排水量は727m3


その他


メガフロート津波等リスク低減対策工事にともない、明日19日に起重機船が港湾外に出港する際に1-4号機取水路開渠前に設置したシルトフェンスを開閉する予定。

水処理週報
福島第一原子力発電所における高濃度の放射性物質を含むたまり水の 貯蔵及び処理の状況について(第 395 報)(PDF)
添付資料-1、右上表、処理水(ALPS処理水)の貯蔵量が1,000,914m3で、100万m3を超えた。
(以下、質問に答えて)処理水貯蔵用タンクについては、2020年末までに137万m3のタンクを建設する計画となっている。今のことろ、これ以上の建設計画はない。タンクは、用地的にどこでも作れるものではない。タンク建設適地としては、重量物を設置しても沈下しない地盤、タンク吊り込みのためのクレーン操作が可能な場所(上を電線が通っているとダメ)、などの条件がある。また、新たにタンクを作るとすれば空きのある構内の北側になるが、そうすると、ALPSからそこまで配管を引く必要がある、非常に長い配管となり漏えい対策等が大変になるため難しい、という話を前に聞いたな。

サブドレン他水処理施設、一時貯水タンクC1(14日採取)と集水タンクNo.5(12日採取)の分析結果
サブドレン・地下水ドレン浄化水分析結果(PDF)
一時貯水タンクの分析結果は東電、第三者機関のいずれも運用目標を超えず。トリチウム濃度は東電が780Bq/L、第三者機関が830Bq/L。明日19日に排水の予定。

T/Bへの地下水ドレン等の移送量の推移。7-13日の移送量。
建屋への地下水ドレン移送量・地下水流入量等の推移(PDF)
建屋流入量が増えているが、降水の影響と考える。

今日、規制委の第69回特定原子力施設監視・評価検討会があった。その際の資料。
【資料2】建屋滞留水処理の進捗状況について(PDF)
1号機廃棄物処理建屋に確認された残水の扱い(3頁)
今後の建屋滞留水処理計画(10頁)。3号機R/Bたまり水の放射能濃度は、至近では徐々に低下傾向(14頁。トーラス室南東側で3月7日採取の137Cs濃度は6.4×107Bq/L)。2号機トーラス室深部で採取したたまり水では、新たに高い濃度を確認(15頁。従来の水面での採取(106程度)より高い。最高値はトレンチ最下部3月1日採取分で2.5×109Bq/L、海水に近い塩化物イオン濃度を確認しており、塩化物イオンとともに⾼濃度Csが最下部に滞留している可能性)。今後、R/Bのたまり水処理を進めるにあたり、1-3号機トーラス室のたまり水で全α測定を実施した結果、2、3号機で比較的高い濃度を検出(16頁。2号機3月8日採取1.36×101、3号機7日採取4.52×105[Bq/L])。なお、たまり水移送装置にはα核種を含むスラッジ等を下流に移送させないように渦流式ストレーナを設置しており、現状では移送先であるプロセス主建屋と高温焼却炉建屋で全αは検出限界値未満であることから、R/B内に概ね留まっているものと推定。1-4号機たまり水の全α濃度は今後も継続して確認していく。
3号機S/C内包水が流出した際の影響評価(21頁)
K排水路補修工事実施状況(26頁)
1/2号機山側サブドレンのトリチウム濃度上昇に対する対応状況(36頁)
【資料3】廃炉作業における 分析環境整備の検討状況(PDF)
【資料4】3号機燃料取り出しに向けた進捗状況(PDF)
テンシルトラスホイスト♯1ケーブルコネクタ故障箇所について(7頁)2月28日のテンシルトラス不具合の件。テンシルトラスを使用済燃料プールから移動するために上昇操作を実施していたところ、警報が発報し停止。その後、原因調査のため警報解除後に再度上昇させた際に、地絡に起因する警報が発生したもの。テンシルトラスホイスト1のモーター制御装置からブレーキ動作信号が出ていないこと、および、テンシルトラスホイストの電源ケーブルの燃料取扱機(FHM)制御盤側ケーブルのコネクター部(コンテナ内に設置)に絶縁抵抗不良があることを確認。これまでの対応:テンシルトラスホイスト1のモーター制御装置を交換(3月1日)、FHM制御盤-FHM足元間のケーブル・コレクターを交換(3月8日)。交換によりテンシルトラスは復旧した。
絶縁抵抗不良があることが確認された電源ケーブルのコネクターの内部を見たところ、ブーツ内に水分・異物はないが、グロメット(防塵用に入れてある)内表面に黒い粒子が付着しており、これを洗浄したところ絶縁抵抗が回復した(8頁)。黒い粒子をSEMで分析した結果、グロメットの材質であるネオプレンゴムの主成分(C)やゴムの添加物(Si)が主に検出された(8、9頁)。また、金も検出されているが、これはコネクターピンの金メッキが溶融して混入したものと推定。これらの結果から、この黒い粒子はグロメットとインサートの間が高温(金の融点1064℃程度)になりグロメットまたは内在していた異物が炭化したものと考える(10頁。コネクター部の詳細は10頁下図を参照)。高温発生の原因としては、1.モーター駆動装置の異常に伴う半導体スイッチングサージ過電圧等によりコネクターピン間に放電が発生、2.コネクター内に異物が存在し電流発熱により炭化し短絡・地絡に発展、のいずれかを考えている。今後の調査として、モーター駆動装置で過電圧発生の有無確認、黒い粒子の物質特定(元素分析の継続、製作時の作業状況の確認)、をおこなっていく(当該コネクター部は、安全点検後のケーブル交換において東芝の工場で新たに制作したもの(17頁)。2018年12月20日に工場での作業の様子が動画で公開されている)。
【資料5】福島第一原子力発電所 中期的リスクの低減目標マップを踏まえた 検討指示事項に対する工程表(PDF)
以下、規制庁のサイトから
資料1  :東京電力福島第一原子力発電所の中期的リスクの低減目標マップ(2019年3月版)について[原子力規制庁]【PDF:308KB】
参考2  :検討会におけるこれまでの審議状況等について[原子力規制庁]【PDF:51KB】





ニコ生
【2019年3月18日】東京電力 記者会見

文字起こし、実況など
さかなのかげふみ(@Spia23Tc)/2019年3月18日 - Twilog
3/18のツイートまとめ - モブトエキストラ(左利きの空想記)



2019年3月17日(日)

今日のお仕事


福島第一原子力発電所の状況について(日報)

プラント関連パラメータ(PDF) 午前11時時点


その他


サブドレン他水処理施設、一時貯水タンクB(13日採取)と集水タンクNo.4(10日採取)の分析結果
サブドレン・地下水ドレン浄化水分析結果(PDF)
一時貯水タンクの分析結果は東電、第三者機関のいずれも運用目標を超えず。トリチウム濃度は東電が740Bq/L、第三者機関が770Bq/L。明日18日に排水の予定。




2019年3月15日(金)

今日のお仕事


福島第一原子力発電所の状況について(日報)

プラント関連パラメータ(PDF) 午前11時時点

2号機R/B排気設備でダストサンプリングを実施。
2号機原子炉建屋排気設備における空気中放射性物質の核種分析結果(4月3日公開)
2号機格納容器ガス管理システムでフィルターによるガスサンプリングを実施。
2号機原子炉格納容器ガス管理システムの気体のサンプリング結果(4月3日公開)

地下水バイパス、10:08-14:50に一時貯留タンクGr1から排水を実施。排水量は1262m3
福島第一原子力発電所 地下水バイパス排水に関するサンプリング結果 (南放水口付近)(PDF)(3月19日公開)

サブドレン他水処理施設、11:16-13:50に一時貯水タンクAから排水を実施。排水量は382m3
福島第一 サブドレン・地下水ドレン浄化水排水に関するサンプリング結果(PDF)(3月19日公開)

実施計画の変更認可申請を規制委に提出。
福島第一原子力発電所 特定原子力施設に係る実施計画 変更認可申請書(PDF)
変更:5・6号機の運転・保守管理の最適化。現在、5・6号機の原子炉にあった燃料はすべて使用済燃料プールに移送が完了している。これを受けて、5・6号機原子炉の冷却等についての記載を簡略化した。


2019年3月14日(木)

今日のお仕事


福島第一原子力発電所の状況について(日報)

プラント関連パラメータ(PDF) 午前11時時点

3号機格納容器ガス管理システム、放熱器の保全計画に基づく交換のため、09:53に計画的に運転上の制限外に移行してシステム停止をともなう作業を開始。その後、作業が終了し、14:35に当該システムを起動。システムの動作確認において異常がないこと、および、短半減期核種モニターの指示値に有意な変動がないことから、16:10に運転上の制限内に復帰。なお、当該システムの停止期間における関連監視パラメータについては、異常なし。4日参照。


その他


3号機燃料取出し作業燃料取扱設備の遠隔操作訓練の状況の動画を公開。
(04:28)福島第一原子力発電所3号機燃料取扱設備の遠隔操作訓練の様子(模擬燃料移送訓練)(動画)
00:00- クレーンによる輸送用キャスクの吊り下ろし。
00:32- 燃料取扱機全景(オレンジ色のやつ)。燃料把握機のマストを左脇に退避させてからテンシルトラスを吊り上げている。テンシルトラスの右側にホイストからぶら下がっているものが2台あるのが見える。
00:59- 遠隔操作室(免震重要棟隣の事務本館内に設置)の様子。卓上、奥がクレーン、手前が燃料取扱機の操作卓。
01:31- 燃料把握機で燃料を引き上げる。燃料把握機の先端のグラップルで燃料ラックの中にある模擬燃料のハンドルをつかみ、引き上げていく。グラップルに付いている荷重計により燃料を把持できたかどうかを判断する。通常のサイトでは、この作業は自動でおこなうが、3号機では全て手動で実施する。4号機も手動だったような。
02:28- 引き続き、燃料を引き上げる様子。燃料の長さは約4m。奥側、燃料ラックの上にガレキが積もっているのが見える。
02:44- ラックから引き出した燃料を輸送用キャスクの方に移動する。
03:03- キャスクの上へ。
03:25- キャスク内のラックの向きと燃料の向きを合わせるために、燃料を回転させる。
03:35- キャスク内のラックへ燃料を挿入する。燃料が着底すると荷重がなくなるので、荷重計でそれを確認する。
今後の予定:不具合の原因だったケーブルのコネクターについて、調査中。原因の内容によっては水平展開をする必要があるかもしれない。不具合の対応が終わってから取出し作業を開始する。4月に開始という予定(7日参照)は変わっていない。
燃料取扱設備は、燃料取扱機(FHM)とクレーンからなる。クレーンはキャスクの吊り上げ、吊り下ろしをする。FHMは燃料把握機1台、ホイスト2台、テンシルトラスにぶら下がるマニピュレータ2本から成る。燃料取出し自体は燃料把握機で、ホイストやマニピュレータはガレキ撤去や燃料取出しのサポートをするらしい。2017年11月30日、2018年2月2日参照。FHM全体の詳しい資料がなくて、全体像がよくわからない。

地下水バイパス一時貯留タンクの貯留水の評価結果
地下水バイパス揚水井の汲み上げにおける一時貯留タンクに対する評価結果について (77.9KB)(PDF)
2015年11月12-16日と2019年1月31日-3月7日採取分のデータで評価を実施。結果は、運用目標を超えず。
地下水バイパス揚水井の汲み上げにおける一時貯留タンクに対する評価結果について(その2) (78.0KB)(PDF)
11日のデータを追加して評価を実施。結果は、運用目標を超えず。
揚水井No.10でトリチウム濃度が運用目標をこえているため実施中。

地下水バイパス一時貯留タンクGr1のサンプリング結果
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果(PDF)
8日採取分。東電、第三者機関のいずれの結果も運用目標をこえず。明日15日に排水の予定。

サブドレン他水処理施設、一時貯水タンクA(10日採取)と集水タンクNo.3(8日採取)の分析結果
サブドレン・地下水ドレン浄化水分析結果(PDF)
一時貯水タンクの分析結果は東電、第三者機関のいずれも運用目標を超えず。トリチウム濃度は東電が830Bq/L、第三者機関が880Bq/L。明日15日に排水の予定。

東京電力ホールディングス株式会社 廃炉等積立金制度に基づく「廃炉等実施計画書」の届出について(プレスリリース)
廃炉等実施計画書(6.21MB)(PDF)
去年は2018年3月14日に出ている。

来週の木曜日21日は祝日なので、会見は水曜日20日に実施する予定。


ニコ生
【2019年3月14日】東京電力 記者会見

文字起こし、実況など
さかなのかげふみ(@Spia23Tc)/2019年3月14日 - Twilog
3/14のツイートまとめ - モブトエキストラ(左利きの空想記)



2019年3月13日(水)

今日のお仕事


福島第一原子力発電所の状況について(日報)

プラント関連パラメータ(PDF) 午前11時時点

サブドレン他水処理施設、10:02-12:26に一時貯水タンクLから排水を実施。排水量は356m3


その他


地下水バイパス揚水井(偶数番)のサンプリング結果。11日採取分。
福島第一 地下水バイパス揚水井 分析結果(PDF)
No.10のトリチウムは1800Bq/L。

地下水バイパス揚水井No.10のサンプリング結果。7日採取(9日既報)の第三者機関の分析結果。
福島第一 地下水バイパス揚水井 No.10 分析結果(PDF)



2019年3月12日(火)

今日のお仕事


福島第一原子力発電所の状況について(日報)

プラント関連パラメータ(PDF) 午前11時時点

2号機格納容器ガス管理システム、放熱器の保全計画に基づく交換のため、09:50に計画的に運転上の制限外に移行してシステム停止をともなう作業を開始。その後、交換作業が終了し、12:28に当該システムを起動。システムの動作確認において異常がないこと、および、短半減期核種モニターの指示値に有意な変動がないことから、14:00に運転上の制限内に復帰。なお、当該システムの停止期間における関連監視パラメータについては、異常なし。4日参照。

4号機R/B上部でダストサンプリングを実施。
4号機原子炉建屋上部における空気中放射性物質の核種分析結果(PDF)(4月3日公開)

サブドレン他水処理施設、10:03-12:57に一時貯水タンクKから排水を実施。排水量は432m3


その他


サブドレン他水処理施設、一時貯水タンクL(8日採取)と集水タンクNo.2(6日採取)の分析結果
サブドレン・地下水ドレン浄化水分析結果(PDF)
一時貯水タンクの分析結果は東電、第三者機関のいずれも運用目標を超えず。トリチウム濃度は東電が960Bq/L、第三者機関が1000Bq/L。明日13日に排水の予定。

実施計画の変更認可申請(2018年3月27日提出?)が規制委に認可された。
認可:3号機SFP(使用済燃料プール)からの燃料取り出しに伴う変更。(PDF)




2019年3月11日(月)

今日のお仕事


福島第一原子力発電所の状況について(日報)

プラント関連パラメータ(PDF) 午前11時時点

3号機R/B上部でダストサンプリングを実施。
3号機原子炉建屋上部における空気中放射性物質の核種分析結果(PDF)(4月3日公開)
3号機格納容器ガス管理システムでフィルターによるガスサンプリングを実施。
3号機原子炉格納容器ガス管理システムの気体のサンプリング結果(PDF)(4月3日公開)

サブドレン他水処理施設、10:00-12:55に一時貯水タンJクから排水を実施。排水量は433m3


その他


3号機燃料取出し作業2月28日のテンシルトラス不具合の件。7日参照。
福島第一原子力発電所3号機燃料取扱設備テンシルトラス動作不良からの復旧対応状況について (42.1KB)(3月7日公開)
8日にPDF資料左下図③の部分のケーブルを交換したところ、テンシルトラスの状態が正常に復帰した。ケーブル端のコネクターのうち、制御盤側のコネクターが不具合箇所であることを確認している。現在、取外したケーブルを工場に持ち込んで、不具合の原因を調査中。当該のケーブルは、安全点検およびその後のケーブル交換(交換対象だった)において、問題がないことを確認しており、その後の2月14日より実施していた訓練においても28日までは問題なかった。
9日より、模擬燃料を使った訓練を再開している。

水処理週報
福島第一原子力発電所における高濃度の放射性物質を含むたまり水の 貯蔵及び処理の状況について(第 394 報)(PDF)

サブドレン他水処理施設、一時貯水タンクK(7日採取)と集水タンクNo.1(4日採取)の分析結果
サブドレン・地下水ドレン浄化水分析結果(PDF)
一時貯水タンクの分析結果は東電、第三者機関のいずれも運用目標を超えず。トリチウム濃度は東電が940Bq/L、第三者機関が1000Bq/L。明日12日に排水の予定。

T/Bへの地下水ドレン等の移送量の推移。2月28-3月6日の移送量。
建屋への地下水ドレン移送量・地下水流入量等の推移(PDF)



ニコ生
【2019年3月11日】東京電力 記者会見

文字起こし、実況など
さかなのかげふみ(@Spia23Tc)/2019年3月11日 - Twilog
3/11のツイートまとめ - モブトエキストラ(左利きの空想記)



2019年3月10日(日)

今日のお仕事


福島第一原子力発電所の状況について(日報)

プラント関連パラメータ(PDF) 午前11時時点


その他


サブドレン他水処理施設、一時貯水タンクJ(6日採取)と集水タンクNo.6(2日採取)の分析結果
サブドレン・地下水ドレン浄化水分析結果(PDF)
一時貯水タンクの分析結果は東電、第三者機関のいずれも運用目標を超えず。トリチウム濃度は東電が860Bq/L、第三者機関が930Bq/L。明日11日に排水の予定。



2019年3月9日(土)

今日のお仕事


福島第一原子力発電所の状況について(日報)

プラント関連パラメータ(PDF) 午前11時時点


その他


地下水バイパス揚水井(奇数番+No.10)のサンプリング結果。7日採取分。
福島第一 地下水バイパス揚水井 分析結果(PDF)
No.10のトリチウムは1600Bq/L。No.11はポンプ点検により採取中止。
福島第一 地下水バイパス揚水井 No.10 分析結果(PDF)(3月13日公開)


2019年3月8日(金)

今日のお仕事


福島第一原子力発電所の状況について(日報)

プラント関連パラメータ(PDF) 午前11時時点

6号機使用済燃料プールは使用済燃料プール冷却浄化系(FPC系)で冷却しているが、FPC系を冷却している補助海水系の機器点検作業にともない、プールの冷却をFPC系から残留熱除去系に切替えるため、冷却を11:00-11:59に停止した。冷却再開後のプール水温は16.8℃。7日参照。

地下水バイパス、10:02-15:45に一時貯留タンクGr3から排水を実施。排水量は1557m3


その他


T/B地下たまり水の核種分析結果。3号機の2月1日採取分と4号機の2月21日採取分。。
福島第一 タービン建屋地下階 溜まり水の核種分析結果(PDF)



2019年3月7日(木)

今日のお仕事


福島第一原子力発電所の状況について(日報)

プラント関連パラメータ(PDF) 午前11時時点

2号機格納容器ガス管理システム、放熱器の保全計画に基づく交換のため、09:51に計画的に運転上の制限外に移行し作業を開始。4日参照。
(以下、8日の日報より)作業が終了したので15:36にシステムを起動、17:07に運転上の制限内に復帰した。なお、当該システムの停止期間における関連監視パラメータについては、異常なし。4日参照。
2号機使用済燃料プール代替循環冷却装置、2号機R/Bたまり水移送配管敷設作業と近接作業となることにともない、2月20日より運転を停止中。停止期間は3月7日までの予定。冷却停止時のプール水温は18.1℃。19日参照。
(以下、8日の日報より)予定作業が終了したので14:49より装置の運転を再開。再開後のプール水温は34.2℃。

サブドレン他水処理施設、10:07-12:57に一時貯水タンクHから排水を実施。排水量は423m3


その他


3号機燃料取出し作業開始時期が4月に遅延する。
福島第一原子力発電所3号機燃料取扱設備テンシルトラス動作不良からの復旧対応状況について (42.1KB)
2月28日に燃料取出しに向けた操作訓練の内、キャスクの保護部材(フランジプロテクター)を取り付ける訓練終了後、テンシルトラスを引き上げるため、テンシルトラスを吊っているワイヤーの巻き上げ操作を行っていたところ、巻き上げるモーターの異常等を示す警報が発生。その後の調査で電気系統の異常を確認しており、これまで制御盤内装置の交換やケーブルコネクタ部の補修を実施したが、今のところ原因は不明。今日以降、モーター回路の不具合を確認をしていく。テンシルトラスは現在、使用済燃料プールの上にあり、安全を確保するために計画を十分に検討してから調査をおこなうため、時間を要することが予想される。このため、今年度中を予定していた燃料取出しの開始は4月に遅延する。

6号機使用済燃料プールは使用済燃料プール冷却浄化系(FPC系)で冷却しているが、FPC系を冷却している補助海水系の機器点検作業にともない、プールの冷却をFPC系から残留熱除去系(RHR系)に切替える。補助海水系の機器点検後は、RHR系からFPC系による冷却に戻す。これらの切替えの際にプールの冷却を停止する
冷却停止予定は以下のとおり:
・8日09:00-16:00(約7時間)FPC系からRHR系非常時熱負荷モードに切替え。
・19日09:00-16:00(約7時間)RHR系非常時熱負荷モードからFPC系に切替え。
いずれも、冷却停止中のプール水温度上昇は約1.4℃と評価(温度上昇率:約0.194度/h)。また、今日7日14:00のプール水温は16.4℃。

地下水バイパス一時貯留タンクの貯留水の評価結果
地下水バイパス揚水井の汲み上げにおける一時貯留タンクに対する評価結果について (77.8KB)(PDF)
2015年11月12-16日と2019年1月24日-2月28日採取分のデータで評価を実施。結果は、運用目標を超えず。
地下水バイパス揚水井の汲み上げにおける一時貯留タンクに対する評価結果について(その2) (77.9KB)(PDF)
3月4日のデータを追加して評価を実施。結果は、運用目標を超えず。
揚水井No.10でトリチウム濃度が運用目標をこえているため実施中。

地下水バイパス一時貯留タンクGr3のサンプリング結果
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果(PDF)
2日採取分。東電、第三者機関のいずれの結果も運用目標をこえず。明日8日に排水の予定。

放射線データの概要 2月分(2月1日〜2月28日)(PDF)




ニコ生
【2019年3月7日】東京電力 記者会見

文字起こし、実況など
さかなのかげふみ(@Spia23Tc)/2019年3月07日 - Twilog
3/07のツイートまとめ - モブトエキストラ(左利きの空想記)



2019年3月6日(水)

今日のお仕事


福島第一原子力発電所の状況について(日報)

プラント関連パラメータ(PDF) 午前11時時点

1号機使用済燃料プール代替循環冷却装置、1次系ポンプの作業にともない2月18日より運転を停止中。停止期間は3月7日21:00までの予定。停止時のプール水温は16.9℃。18日参照。
(以下、7日の日報より)作業が終了したので17:42に運転を再開。再開後のプール水温は23.3℃。

2号機使用済燃料プール代替循環冷却装置、2号機R/Bたまり水移送配管敷設作業と近接作業となることにともない、2月20日より運転を停止中。停止期間は3月7日までの予定。冷却停止時のプール水温は18.1℃。19日参照。


その他


地下水バイパス揚水井(偶数番)のサンプリング結果。4日採取分。
福島第一 地下水バイパス揚水井 分析結果(PDF)
No.10のトリチウムは1800Bq/L。

地下水バイパス揚水井No.10のサンプリング結果。2月28日採取(3月2日既報)の第三者機関の分析結果。
福島第一 地下水バイパス揚水井 No.10 分析結果(PDF)

サブドレン他水処理施設、一時貯水タンクH(25日採取)と集水タンクNo.5(2月28日採取)の分析結果
サブドレン・地下水ドレン浄化水分析結果(PDF)
一時貯水タンクの分析結果は東電、第三者機関のいずれも運用目標を超えず。トリチウム濃度は東電が820Bq/L、第三者機関が880Bq/L。全β濃度は東電がND(<0.75Bq/L)、第三者機関が0.39Bq/L。明日7日に排水の予定。




2019年3月5日(火)

今日のお仕事


福島第一原子力発電所の状況について(日報)

プラント関連パラメータ(PDF) 午前11時時点

1号機使用済燃料プール代替循環冷却装置、1次系ポンプの作業にともない2月18日より運転を停止中。停止期間は3月7日21:00までの予定。停止時のプール水温は16.9℃。18日参照。
1号機R/B上部でダストサンプリングを実施。
1号機原子炉建屋上部における空気中放射性物質の核種分析結果(PDF)(4月3日公開)
1号機格納容器ガス管理システムでフィルターによるガスサンプリングを実施。
1号機原子炉格納容器ガス管理システムの気体のサンプリング結果(4月3日公開)

2号機格納容器ガス管理システム、放熱器の保全計画に基づく交換のため、09:52に計画的に運転上の制限外に移行。13:24にシステム停止をともなう作業が終了し、当該システムの動作確認において異常がないこと、および、短半減期核種モニターの指示値に有意な変動がないことから、15:03に運転上の制限内に復帰。なお、当該システムの停止期間における関連監視パラメータについては、異常なし。4日参照。
2号機使用済燃料プール代替循環冷却装置、2号機R/Bたまり水移送配管敷設作業と近接作業となることにともない、2月20日より運転を停止中。停止期間は3月7日までの予定。冷却停止時のプール水温は18.1℃。19日参照。

サブドレン他水処理施設、10:11-13:06に一時貯水タンクGから排水を実施。排水量は434m3


その他


東京電力ホールディングス株式会社お知らせ株式会社フジクラの不適切行為に関する当社原子力発電所への影響について(お知らせ)
自主的に調査を行った結果、当社原子力発電所の安全性に影響がないことを確認した。

2019年3月4日(月)

今日のお仕事


福島第一原子力発電所の状況について(日報)

プラント関連パラメータ(PDF) 午前11時時点

1号機使用済燃料プール代替循環冷却装置、1次系ポンプの作業にともない2月18日より運転を停止中。停止期間は3月7日21:00までの予定。停止時のプール水温は16.9℃。18日参照。

2号機使用済燃料プール代替循環冷却装置、2号機R/Bたまり水移送配管敷設作業と近接作業となることにともない、2月20日より運転を停止中。停止期間は3月7日までの予定。冷却停止時のプール水温は18.1℃。19日参照。


その他


2、3号機格納容器ガス管理システムの放熱器の保全計画に基づく交換、および、3号機排気ファンBの電動機の点検作業にともない、当該システムを停止する
停止中は運転上の制限「PCVガス管理設備の放射線検出器が1チャンネル動作可能であること」を満足できなくなることから、計画的に運転上の制限外に移行して作業を実施する。
設備停止の予定日は以下のとおり。作業日毎に当該設備を停止・復旧する。
・2号機:5、7、12日
・3号機:14、18、22日

水処理週報
福島第一原子力発電所における高濃度の放射性物質を含むたまり水の 貯蔵及び処理の状況について(第 393 報)(PDF)

T/Bへの地下水ドレン等の移送量の推移。2月21-27日の移送量。
建屋への地下水ドレン移送量・地下水流入量等の推移(PDF)

実施計画の変更認可申請(2018年10月26日提出)を取下げ。
福島第一原子力発電所 特定原子力施設に係る実施計画 変更認可申請書の取り下げについて(PDF)
取下げ:1号廃棄物処理建屋最下階床面露出維持不可能に伴う水位管理方法。1号機廃棄物処理建屋(Rw/B)の残水処理(最下階床面露出維持)について見通しが立ったので、実施計画の変更が不要となったため。10月26日参照。1号機Rw/Bの残水処理については2月18日の監視・評価検討会の資料を参照。

(4月18日訂正。下記の申請は2月28日付だったので、2月28日に移動)
実施計画の変更認可申請を規制委に提出。
福島第一原子力発電所 特定原子力施設に係る実施計画 変更認可申請書(PDF)
変更:1号機廃棄物処理建屋の床面以下に貯留する残水の水位管理。1号機廃棄物処理建屋(Rw/B)の最下階床面露出が維持できるようになった後に、最下階床面以下のドレンサンプ等の残水について、建屋地下たまり水とは分けて管理をする。

東京電力ホールディングス株式会社お知らせ不適合の予防処置の不備に関する追加調査について(お知らせ)



ニコ生
【2019年3月4日】東京電力 記者会見

文字起こし、実況など
さかなのかげふみ(@Spia23Tc)/2019年3月04日 - Twilog
3/04のツイートまとめ - モブトエキストラ(左利きの空想記)



2019年3月3日(日)

今日のお仕事


福島第一原子力発電所の状況について(日報)

プラント関連パラメータ(PDF) 午前11時時点

1号機使用済燃料プール代替循環冷却装置、1次系ポンプの作業にともない2月18日より運転を停止中。停止期間は3月7日21:00までの予定。停止時のプール水温は16.9℃。18日参照。

2号機使用済燃料プール代替循環冷却装置、2号機R/Bたまり水移送配管敷設作業と近接作業となることにともない、2月20日より運転を停止中。停止期間は3月7日までの予定。冷却停止時のプール水温は18.1℃。19日参照。

サブドレン他水処理施設、10:04-12:56に一時貯水タンクFから排水を実施。排水量は425m3



2019年3月2日(土)

今日のお仕事


福島第一原子力発電所の状況について(日報)

プラント関連パラメータ(PDF) 午前11時時点

1号機使用済燃料プール代替循環冷却装置、1次系ポンプの作業にともない2月18日より運転を停止中。停止期間は3月7日21:00までの予定。停止時のプール水温は16.9℃。18日参照。

2号機使用済燃料プール代替循環冷却装置、2号機R/Bたまり水移送配管敷設作業と近接作業となることにともない、2月20日より運転を停止中。停止期間は3月7日までの予定。冷却停止時のプール水温は18.1℃。19日参照。


その他


地下水バイパス揚水井(奇数番+No.10)のサンプリング結果。2月28日採取分。
福島第一 地下水バイパス揚水井 分析結果(PDF)
No.10のトリチウムは1500Bq/L。No.1とNo.5はポンプ点検により採取中止。

サブドレン他水処理施設、一時貯水タンクF(2月26日採取)と集水タンクNo.3(2月24日採取)の分析結果
サブドレン・地下水ドレン浄化水分析結果(PDF)
一時貯水タンクの分析結果は東電、第三者機関のいずれも運用目標を超えず。トリチウム濃度は東電が860Bq/L、第三者機関が920Bq/L。明日3日に排水の予定。



2019年3月1日(金)

今日のお仕事


福島第一原子力発電所の状況について(日報)

プラント関連パラメータ(PDF) 午前11時時点

1号機使用済燃料プール代替循環冷却装置、1次系ポンプの作業にともない2月18日より運転を停止中。停止期間は3月7日21:00までの予定。停止時のプール水温は16.9℃。18日参照。

2号機使用済燃料プール代替循環冷却装置、2号機R/Bたまり水移送配管敷設作業と近接作業となることにともない、2月20日より運転を停止中。停止期間は3月7日までの予定。冷却停止時のプール水温は18.1℃。19日参照。

サブドレン他水処理施設、10:28-12:35に一時貯水タンクEから排水を実施。排水量は304m3


その他


月初なので、温度計の信頼性評価を規制委に提出。
福島第一原子力発電所第1号機、第2号機及び第3号機の原子炉内温度計並びに原子炉格納容器内温度計の信頼性評価について(PDF)
評価区分の変更はなし。

1-4号機R/B上部でのダストサンプリング結果(1号機は2月5日、2号機は2月1、12日、3号機は2月8日、4号機は2月15日に実施)と1-3号機格納容器ガス管理システムでのガスサンプリング結果(1号機は2月4日、2号機は2月12日、3号機は2月8日に実施)。
1号機原子炉建屋上部における空気中放射性物質の核種分析結果(PDF)
2号機原子炉建屋排気設備における空気中放射性物質の核種分析結果(PDF)
3号機原子炉建屋上部における空気中放射性物質の核種分析結果(PDF)
4号機原子炉建屋上部における空気中放射性物質の核種分析結果(PDF)
1号機原子炉格納容器ガス管理システムの気体のサンプリング結果(PDF)
2号機原子炉格納容器ガス管理システムの気体のサンプリング結果(PDF)
3号機原子炉格納容器ガス管理システムの気体のサンプリング結果(PDF)

R/B以外の建屋開口部でのダストサンプリング結果
建屋開口部における空気中放射性物質の核種分析結果(1)(PDF)
建屋開口部における空気中放射性物質の核種分析結果(2)(PDF)
建屋開口部における空気中放射性物質の核種分析結果(3)(PDF)
共用プール建屋で4-12日に実施。


実施計画の変更認可申請(2018年7月25日提出)が規制委に認可された。
1号機原子炉格納容器内部の詳細調査(PDF)
認可:1号機原子炉格納容器内部の詳細調査。

実施計画の変更認可申請(2018年11月9日提出)が規制委に認可された。
1号機原子炉建屋オペレーティングフロア床上ガレキの一部撤去について(PDF)
認可:1号機原子炉建屋オペレーティングフロア床上ガレキの一部撤去について。2018年11月9日参照。