リンク切れ

現在、以下のリンク切れがあります:2016年1-3月のプレスリリース・報道関係各位一斉メール・日報、2014年3月以前の動画、滞留水のPDF資料、2012年のプレスリリースの一部。2012年のプラントパラメータ関連の一部。詳細はこちら。

2018年2月2日(金)

今日のお仕事


福島第一原子力発電所の状況について(日報)

プラント関連パラメータ(PDF) 午前5時時点 午前11時時点

滞留水の水位・移送・処理の状況(PDF)0時時点

1号機使用済燃料プール代替循環冷却装置、昨日1日より1次系を停止中。停止期間は3月12日17:00までの予定。1次系のポンプは2台(A、B)あり、ポンプAは点検を行い、ポンプBについてはポンプAの点検を行う際の作業安全確保の観点から停止状態とする。冷却停止時のプール水温は25.4℃、放熱を考慮した停止期間終了時点で約23.5℃と評価。1月31日参照。

2号機R/B排気設備でダストサンプリングを実施。
2号機原子炉建屋排気設備における空気中放射性物質の核種分析結果(PDF 8.94KB)(3月15日公開)
2号機格納容器ガス管理システムでフィルターによるガスサンプリングを実施。
2号機原子炉格納容器ガス管理システムの気体のサンプリング結果(PDF 8.14KB)(3月15日公開)
2号機使用済燃料プール代替循環冷却装置、1月29日より停止中。停止期間は2月3日19:00までの予定。使用済燃料プール代替循環冷却装置の信頼度向上対策工事において、1次系に近接する作業があるため安全確保の観点からの処置。冷却停止時のプール水温は28.3℃、停止中のプール水温上昇率は約0.117度/hと評価、停止中の温度上昇は約15.7度の見込み。1月26日参照。

3号機使用済燃料プール代替循環冷却装置、1月31日より1次系を停止中。停止期間は2月8日16:00(約203時間)までの予定。長期点検計画に基づき、使用済燃料プール代替循環冷却装置の弁点検および配管の塗装を行うため。冷却停止時のプール水温は27.1℃、停止中のプール水温上昇率は約0.087度/hと評価、停止中の温度上昇は約17.7度の見込み。1月30日参照。

(以下、3日の日報より)6号機使用済燃料プール、点検作業にともない1月17日より冷却を残留熱除去系でおこなっていたが、点検が終了したので冷却浄化系に戻すための切替えで、15:06-15:32に冷却を停止。冷却停止時と再開後のプール水温はいずれも17.3℃。1月16日参照。

サブドレン他水処理施設、09:55-13:05に一時貯水タンクGから排水を実施。排水量は471m3


その他


サブドレン他水処理施設、一時貯水タンクA(1月29日採取)と集水タンクNo.2(1月27日採取)の分析結果
サブドレン・地下水ドレン浄化水分析結果(PDF 11.7KB)
一時貯水タンクの分析結果は東電、第三者機関のいずれも運用目標を超えず。トリチウム濃度は東電が790Bq/L、第三者機関が810Bq/L。全β濃度は東電がND(<2.0Bq/L)、第三者機関が0.43Bq/L。明日3日に排水の予定。

構内排水路の排水の分析結果(2015年3月4日参照)。2月1日採取分の分析結果と1月31日のトリチウムの結果。
福島第一原子力発電所構内排水路分析結果(PDF 10.8KB)

1号機放水路上流側立坑でCs濃度が上昇した件(2014年10月23日)および2号機放水路上流側立坑で全β放射能(90Sr)濃度が上昇した件(2015年5月14、15日、6月22日参照)。1月31日採取分。
福島第一原子力発電所構内1号機、2号機放水路サンプリング結果(PDF 7.45KB)

T/B東側の観測孔で50万Bq/Lのトリチウムが検出された件(2013年6月19日、7月22日参照)
タービン建屋東側における 地下水及び海水中の放射性物質濃度の状況について(PDF 4.02MB)

実施計画の変更認可申請(2017年7月28日提出)の一部補正を規制委に提出。
東京電力ホールディングス株式会社 「福島第一原子力発電所 特定原子力施設に係る実施計画」の変更認可申請の一部補正について(プレスリリース)
補正:中低濃度タンク(H5北、H6北エリアフランジタンク)及びRO濃縮水移送ポンプの一部撤去。





東芝エネルギーシステムズ株式会社のサイトの記事「福島第一原子力発電所3号機使用済燃料プール内からの燃料取り出しに向けて」。動画はこちら
「燃料取扱機は、燃料把握機1台、ホイスト2台、マニピュレータを2本配置しています。燃料把握機には燃料を落下させないための安全機能があります。また、ホイストやマニピュレータ先端部分には切断する、つかむなど様々な作業に適切なツールを選択して遠隔で交換する機能があります。たとえ想定外のガレキがあった場合も、先端ツールだけを追加で設計すればよく、拡張性が確保されています。燃料に接近するカメラは、放射線による劣化を想定し交換可能にしています。また、ガレキをつかむ、切断するなどの作業によって生じるマニピュレータの揺れを抑えるための特殊な機構(テンシルトラス)を持っています。このことにより、カメラの画像もぶれることなく、確実で効率的な作業ができるという特長を有しています。」
当該の装置については2014年6月26日や2017年11月30日を参照。これまであまり詳しい話がなかったが、動画を見るとよくわかる。マニピュレーター2本は一つの基盤から生えていて(つまり双腕)、基盤はテンシルトラス機構で吊り下げられている。ガレキ撤去の際は基盤ごとプールの中へ浸けてしまって、水面下で撤去作業をする。ホイストで吊り下げたバスケットに、ガレキを小さく切断しながら入れていく、みたいな。

0 件のコメント:

コメントを投稿