リンク切れ

現在、以下のリンク切れがあります:2016年1-3月のプレスリリース・報道関係各位一斉メール・日報、2014年3月以前の動画、滞留水のPDF資料、2012年のプレスリリースの一部。2012年のプラントパラメータ関連の一部。詳細はこちら。

2018年3月1日(木)

今日のお仕事


福島第一原子力発電所の状況について(日報)

プラント関連パラメータ(PDF) 午前5時時点 午前11時時点

滞留水の水位・移送・処理の状況(PDF)0時時点

1号機使用済燃料プール代替循環冷却装置、点検作業にともない2月1日より1次系の冷却を停止中。停止期間は3月12日17:00までの予定。冷却停止時のプール水温は25.4℃、放熱を考慮した停止期間終了時点で約23.5℃と評価。1月31日参照。

2号機使用済燃料プール代替循環冷却装置、信頼度向上対策工事にともない05:57に1次系を停止。停止期間は12日までの予定。停止時のプール水温は28.5℃。2月28日参照。

地下水バイパス、10:15に一時貯留タンクGr2から排水を開始
(以下、2日の日報より)18:01に排水を停止。排水量は1697m3

サブドレン他水処理施設、11:14-12:32に一時貯水タンクHから排水を実施。排水量は175m3


その他


月初なので、温度計の信頼性評価を規制委に提出。
東京電力ホールディングス株式会社 福島第一原子力発電所1~3号機における原子炉内温度計および原子炉格納容器内温度計の信頼性評価について(2018年3月提出)(プレスリリース)
評価区分の変更はない。

地下水バイパス一時貯留タンクの貯留水の評価結果
地下水バイパス揚水井のくみ上げにおける一時貯留タンクに対する評価結果について(PDF 78.2KB)
2015年11月12-16日と2018年1月18日-2月22日採取分のデータで評価を実施。結果は、運用目標を超えず。
地下水バイパス揚水井のくみ上げにおける一時貯留タンクに対する評価結果について(その2)(PDF 78.3KB)
26日のデータを追加して評価を実施。結果は、運用目標を超えず。
揚水井No.10でトリチウム濃度が運用目標をこえているため実施中。

サブドレン他水処理施設、一時貯水タンクJ(25日採取)と集水タンクNo.2(23日採取)の分析結果
サブドレン・地下水ドレン浄化水分析結果(PDF 12.5KB)
一時貯水タンクの分析結果は東電、第三者機関のいずれも運用目標を超えず。トリチウム濃度は東電が760Bq/L、第三者機関が790Bq/L。明日2日に排水の予定。

構内排水路の排水の分析結果(2015年3月4日参照)。2月28日採取分。
福島第一原子力発電所構内排水路分析結果(PDF 13.5KB)

凍土遮水壁の状況
陸側遮水壁の状況(第三段階)(PDF 4.69MB)

今日、廃炉・汚染水対策チーム会合 第51回事務局会議があり中長期ロードマップの進捗について報告した。その際の資料。
【資料1】プラントの状況(4.98MB)
【資料2】中長期ロードマップの進捗状況(概要版)(17.9MB)
【資料3-1】汚染水対策(30.4MB)
建屋への地下⽔・⾬⽔等流⼊量の増加(通しで3頁)。26日の報告の後、1・2号機建屋への流入量は1月までのレベルを維持している(5頁)。
凍土遮水壁の状況(13頁)。地中温度分布:山側の3カ所(17、18頁。いずれも温度は低下中)を残して0℃以下となっており、凍土壁はほぼ完成したものと考える。山側では凍土壁を挟んで地下水位の差が4mほどついていること(27頁)からも、凍土壁が遮水性能を発揮していることがわかる。維持管理運転の状況(28頁):対象ヘッダー管20のうち16でブライン循環停止中。降雨と建屋流入量・くみ上げ量の推移(30頁)。T.P. 2.5m盤地下水収支(33頁):T.P. 2.5m盤への移動量は1月で50m3
遮水壁山側を通って来る地下水の量(35頁のF)が依然として300-400m3/日あることについて、増田さんは「図らずもK排水路補修にともなう建屋流入量増加が示したように、凍土壁を通って凍土壁の内側に地下水を供給するルートがまだ存在している可能性があり、データをさらに精査することでそれらを絞り込んでいければ、Fの値は小さくなって来るのではないかと考える。地下水流入量が減ってきたことで、今回のK排水路補修にともなう増加程度の流入量が見えるようになってきている」とのこと。凍土壁が成立しているにしては、この値は大きすぎるということみたい。
重層的な汚染⽔対策の効果(41頁)。地下水バイパス、フェーシング、サブドレン・地下水ドレン、ウェルポイント、海側遮水壁、凍土遮水壁による汚染水対策の効果を評価した。結果は、今後、汚染水処理対策委員会で評価される。
【資料3-2】使用済燃料プール対策(11.4MB)
1号機R/B北側・中央のガレキ撤去および使⽤済燃料プールの保護に向けたXブレースの撤去(通しで4頁)
3号機燃料取出し用カバー等設置工事の進捗(23頁)
【資料3-3】燃料デブリ取り出し準備(118KB)
【資料3-4】放射性廃棄物処理・処分(3.15MB)
【資料3-5】循環注水冷却(139KB)
【資料3-6】環境線量低減対策(7.16MB)
【資料3-7】労働環境改善(560KB)
【資料4-1】3号機原子炉建屋内部のドローンを用いた線量調査について(607KB)
【資料4-2】研究開発プロジェクトの進捗状況及び次期計画の方向性(2.48MB)

放射線データの概要2月分(2月1日~2月28日)(PDF 2.04MB)
4頁にタンクの漏えい監視・海洋への流出防止対策について。

実施計画の変更認可申請(3月1日提出1件と2月28日提出2件の計3件)および変更認可申請(2017年12月8日提出)の一部補正を規制委に提出。
東京電力ホールディングス株式会社 「福島第一原子力発電所 特定原子力施設に係る実施計画」の変更認可申請および一部補正について(プレスリリース)
変更1:1号機原子炉建屋オペレーティングフロア北側ガレキの撤去方法の変更、及び中央ガレキの一部撤去、外周鉄骨の一部撤去の実施。上記参照。
変更2:サブドレンピット(No.30、37、57)の復旧。
変更3:中低濃度タンク(Bエリア、B南エリア)の設置。
補正:大型機器除染設備に関する保安措置の変更。




ニコ生
【2018年3月1日】東京電力 「中長期ロードマップの進捗状況」に関する記者会見

文字起こし、実況など
さかなのかげふみ(@Spia23Tc)/2018年03月01日 - Twilog
03/01のツイートまとめ - モブトエキストラ(左利きの空想記)



0 件のコメント:

コメントを投稿